ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアムで乳首の黒ずみがピンクになった体験談

子供の頃から地黒ですが、乳首までも黒いので気になっていました。メラニンの分泌量は人それぞれですので、仕方がない事だと思うのですが、乳首の色が黒いと遊んでいるように見られるとも言われていますし、せめて肌の色にもう少し近くなれば良いのにと思いました。

 

修学旅行などに行くと同級生と入浴する機会もありましたし、そんな時には隠すような姿勢で体を洗うしかありませんでした。やはり他の人と比較しても私の乳首は黒かったのです。色素を薄くする為には、美白化粧品などを使ってみるのも効果的です。

 

肌に使う美白化粧品を乳首に塗り込んでみたのですが、少しだけ保湿されるせいか色も薄くなったように感じました。むしろ、こういう部分に使うような専用のコスメであれば、もっと効果が得られるかもしれないと思うようになりました。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムは、ネットで見つけた乳首の黒ずみ専用の薬用クリームなのですが、こちらを使うとかなり即効性があり、私の黒かった乳首がピンクになったのです。医薬部外品なので効果も高いのかもしれませんが、独自のビタミンCを処方しているので、他のコスメには無いくらい効果が高かったのだと思います。

 

私は日焼けすると黒くなりやすいタイプなので、余計にも乳首が黒くなってしまう現象に見舞われてしまったのかもしれませんが、メラニン色素を抑制すれば、ある程度は美白をすることもできます。ホワイトラグジュアリープレミアムには、生ビタミンC、水溶性ビタミンC、油溶性ビタミンCの3つのビタミンCが含まれていますので、真皮まで働きかけメラニンを抑制してくれます。

 

さらに、美容効果の高いヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンE、アロエベラエキス、クロレラエキス、オタネニンジンエキスなども含まれていますので、全身の気になる黒ずみにも効果があるのです。私も地黒なのを気にしていたので、ボディケア全般にこちらを使うようになりましたが肌色が白くなりました。美白効果はとても高いので、ずっと続けていきたい化粧品です。

 

 

 

 

「ホワイトラグジュアリープレミアム」は、≪医薬部外品≫の認可も下りており、
浸透力は保証済み!
さらに乳首の他にも、デリケートゾーンやひじ等のカラダの黒ずみにも使用可能!

 

デリケートな部分のケアに使用する商品のため、製造基準にはこだわり、
肌に刺激を与えるものは一切使用していません。
美白のみならず、カラダのことを考えたクリームとなっております。
乳首訴求

 

 

 

ちくびが黒くて彼氏にふられた、コンプレックスを感じる、ちくびの色で恋愛に消極的になってしまう、こんな悩みを抱えている女性は少なくありません。ちくびの悩みは人には言いにくいですよね。

 

ちくびの黒ずみで男性が感じる印象は、遊び人・不衛生・老けて見えるなどです。男性にはあまりいい印象がもたれていません。

 

ちくびの黒ずみ解消でおすすめなのが、ホワイトラグジュアリーという乳首をピンクにするクリームです。厚生労働省承認の医薬部外品クリームです。

 

ちくびの黒ずみの原因はメラニンです。ストレス、加齢、女性ホルモンの低下などが原因で、肌の生まれ変わりが滞ると、メラニンが肌に蓄積して黒ずみになります。メラニンの生成を抑えて、ターンオーバーを正常にすれば、ちくびの黒ずみ解消が期待できます。

 

メラニンの生成を抑えるには、メラニンが生成されている肌の奥に美白成分を届けることが重要です。ホワイトラグジュアリーに配合された生・水溶性・油溶性の3つのビタミンCが基底層に働きかけます。

 

生ビタミンCは速効性、水溶性ビタミンCは中間型、油溶性ビタミンCは持続性があります。表層にしか働きかけない商品もありますが、ホワイトラグジュアリーは時間差でじっくりと基底層に働きかけます。

 

ビタミンC以外にもプラセンタなど7種類の美白成分を配合しています。美容成分も9種類配合しているので、美白だけでなく美肌も期待できます。

 

ちくび以外にもひざ・ひじ・ワキ・ビキニライン・顔などにも使用できます。顔をきれいにしたりおしゃれな服を着ても、ひじやひざが黒いと美しさが台無しです。気になる部位に使うことで、全身美しい女性に近づきます。

 

肌に刺激を与える成分は、刺激がメラニンの生成を促します。安心して使えるのように香料・着色料・アルコール・パラベン・石油系界面活性・鉱物油は使用していません。

 

プライバシーに配慮して、商品名やブランドネームが入っていない包装で届けるので、家族に知らずこっそり試せます。

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

肌の黒ずみ解消治すケアクリーム人気おすすめランキング最新版はここから